仮想通貨投資はスタートアップに投資するようなものだ

こんばんわ。最近仮想通貨のことばかり考えて興奮して寝不足のNobuです。

2018年になって仮想通貨投資が流行っていますが、その中でも大きなリターンを狙う人はいわゆる草コインへ投資しています。

草コインとはアルトコインの中でもさらにマイナーな仮想通貨のことをいいます。仮想通貨は全世界で1000以上あると言われ、そのうちのほとんどが草コインということになります。

草コインは誰が作ったのかよくわからないものから半ば詐欺まがいなものまで幅広く存在し、とにかく値動きが荒いのが特徴。わずか1日で10倍の爆騰をすることもあるため、一攫千金を狙う投機家に愛されています。

ただし草コインは当然ながらリスクも大きく突然プロジェクトが終了するといったこともあるので注意が必要です。

草コイン投資はスタートアップ投資に似ている

草コインは短期的に大きく価格が高騰するという期待感がありますが、最も難しいのが数ある草コインから爆騰する銘柄を如何にして選び出すかということ。そのような銘柄を楽に見つけることができれば誰でも今頃は億万長者になっているのですが(汗)

念頭に置きたいのは、自分がベンチャーキャピタリスト(VC)になった思いで投資先を探すべきだということ。VCの場合は起業家からの事業概要を説明してもらって(ピッチという)、もし開発済であればアプリなどのデモを見せてもらって、さらに慎重になる場合はデューデリジェンス(DD)という投資のための調査を踏むことになります。

でも仮想通貨投資家の場合って、なんとなく雰囲気や現在の価格で銘柄を選んだりしてることが多く、どこかの調査でも半分以上の人は仮想通貨の概要を示したホワイトペーパーすら読んでいないという状況でした。

雰囲気で投資することを自分は全く否定しませんが、最低限仮想通貨のプロジェクトが何をやろうとしているのかは理解しておきたいところです。

そういった意味で、草コインに投資することは新興のスタートアップに投資するのと状況が似ていて、ベンチャー投資家の思考で草コイン投資を実践するのが良いと思いました。

銘柄の流動性はチェックしておきたい

スタートアップの場合は株式を公開して上場(IPO)するか、他の会社に事業を売却する時点でしか基本的には投下した資金を回収する術がありませんよね。

でも仮想通貨投資の良いところは銘柄が上場している限り売買ができるということ。投資をしてしまったけど将来性が危ういと判断した場合には取引所で売却すればいいのです。スタートアップ投資の場合は、そう簡単に株を売却することはできません。

そういう意味でスタートアップ投資と違って投資の流動化が比較的容易なのですが、一点だけ流動性には注意してください。

草コインの中には取引高が極めて少ない銘柄が沢山あります。このような銘柄は例え上手く値上がり益が出ていても売りたい時に売ることが難しいのです。取引所でやっているのは基本的に買いたい人と売りたい人の仲介なので、買いたい人がいない限り売りたい人は保有している銘柄を売ることができません。

特に税金を収める時期に、値上がりした草コインを売って日本円に替えたいとしても、流動性の低い(板が薄い)銘柄はうまく現金化できない可能性があるので注意です。

ちなみに草コインの投資を始める場合はKucoinがお薦めです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!


安心を最重要とお考えの方にお薦めの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所最高レベルのセキュリティと豊富な補償で初心者の方が安心して取引できる環境を整えているのがbitFlyerです。安全安心を最重要と考える方に一押しの取引所となっています。


ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。