NEMを買ったら導入しよう!最新版Nano Walletの設定方法を解説

こんにちは、Nobu(@scrambler9)です。

最近NEMという仮想通貨を購入しました。NEMはイーサリアム(ETH)と並んで2018年の本命通貨と思っているのですが、購入した後にどうやって安全に保管するか思案していました。

そこで色々と情報を辿ってみると公式サイトが推奨しているソフトウォレットがあるということで早速導入してみました。

本日はそのNEMのソフトウォレットであるNano Walletについて導入方法を解説していきます。

Nano Walletの導入方法

まずはNEMの公式サイトにアクセスしてダウンロードページに移動します。下記の画像のようにWindowsやMac向けのソフトウェアがダウンロードできるので、お手持ちのPCのOSに合わせてダウンロードしてください(以下ではMac版の解説を行っていきます)。

ダウンロードが完了したらZipファイルを解凍して、解凍したファイルをクリックして開きます。その後ファイルの中にあるNano Walletを開きます。

Nano walletが立ち上がりますのでまずはアカウントを作成していきます。画面右上の「アカウント作成」をクリック。

次にウォレットのタイプを選ぶ画面が出てきますが、特にこだわりがなければ「シンプルウォレット」を選択します。次にネットワークの選択画面が出てきますが、初めての方は「Mainnet」を選択しましょう。

その後に出てくる「ウォレット名の作成」に関してはご自身の好きな名前をつけてください。

秘密鍵の作成前の画面がわかりにくいので解説すると、「エントロピーを増大」というのはカーソルを上下左右に動かすことによって増えるみたいです(笑)

さてここからが大事です。次の画面では「ウォレット」をダウンロードし、文字列である「ウォレットファイル」をコピーして控えます。

また、次の画面に出てくるプライベートキー(秘密鍵)については非常に大事なキーなので紙に印刷するなりして厳重に保管しましょう。このプライベートキーこそが財布のような役目を果たすので、これを失くすと現実世界でいう財布を落としたという状態になります。

プライベートキー(秘密鍵)のバックアップが終了したら青いボタンを押して次に進みます。そして次の画面で先程作成したウォレットを選択しパスワードを入力してサインインしましょう。

非常に重要な秘密鍵

仮想通貨には公開鍵と秘密鍵という2つの鍵があるのはご存知でしょうか。公開鍵は全員に公開される鍵で、秘密鍵は自分だけが知っている鍵です。

我々が仮想通貨を送付する際には、「ビットコインアドレス」という銀行でいう口座番号みたいなものに送付するわけですが、このビットコインアドレスのもとになるのが公開鍵です。

そして、仮想通貨を送付する時に必要なのが秘密鍵。送付時にビットコインアドレスに対して秘密鍵で署名することで初めて仮想通貨を送付することが可能になります。

ということは秘密鍵がないと永遠に仮想通貨をウォレットから動かすことができないことになってしまいますよね。この秘密鍵は仮想通貨の所有権を証明する唯一にものにもなります。

なので、秘密鍵は文字通り誰にも見られてはいけないだけでなく、絶対に紛失してはいけないものなので厳重に保管しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!


安心を最重要とお考えの方にお薦めの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所最高レベルのセキュリティと豊富な補償で初心者の方が安心して取引できる環境を整えているのがbitFlyerです。安全安心を最重要と考える方に一押しの取引所となっています。


ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。