相場の暴落時はこう対処せよ!暴落時の対応策3選

こんにちは、Nobu(@scrambler9)です。

ここ2日間の暴落は今まで私が経験してきた中でも最大級の下げで、私自身かなりうろたえましたが、ホールド+買い増しでなんとか耐え抜きました。

ただし、今振り返って思うと昨年の12月からの明らかに相場が加熱しているにもかかわらず、資金の一部を投入してしまった自分はまだまだだなと思う次第です。数日前に「仮想通貨投資の鉄則」という記事を出して、

その一 価格が急騰している時は買わない

ってめっちゃ書いているにもかかわらず、結果として買ってしまっている訳です(笑)やはり冷静さを欠くと理想のトレードはできないと悟りました。

そこで、今日はこれまでの反省を踏まえつつ、今後の暴落相場にどう立ち向かえば良いのか整理してみることにします。

悲鳴で買って歓喜で売る

相場の格言として名高い「悲鳴で買って歓喜で売る」

つまりは、相場が下落していて皆が悲鳴を上げている時こそ安く買える時だと。また、相場が上昇していて皆が歓喜の祝杯を上げている時こそ実は売り時なのだと。

実際は相場の下落中に買ってそのまま串刺しに合うこともありますし、反対に相場の上昇初期で売って利幅をとれなかったりすることも多々ありますが、この投資法が王道であることに変わりはありません。

仮想通貨は長期で見れば上昇トレンドにあります。このような上昇トレンドにおいても、必ず暴落(あるいは調整)による大幅な価格下落は避けられません。

上昇トレンドの時は握力強くホールドし続けるのが正解なのですが、こと仮想通貨市場については定期的に大幅な暴落が観察されているので、相場が加熱している時に含み益の一部を利確することも自分の資産を守る重要な打ち手ではないかと思うようになってきました。

暴落時の時に備えて投資余力を残しておく

前からもお伝えしているとおり、暴落時のときこそ最大の買いのチャンスになります。

例えば私が保有しているNEMについては、あの2日間で170円台から60円台まで急降下しました。このような時に買うのはかなり勇気が要ります。安値で買ったからといってまた下がるかもしれませんしね。でも、結果的には70円台80円台の底値で買えた人が今日ホクホクしているはずです。

このような暴落相場を迎えた時に一番大事なことは何か?それは買付余力を残しておく、という一点に尽きます。

なぜならいざという時に資金がないと買いたくても買えないですからね。。ということで、最初の話とも関連してきますが、やはり相場が加熱している時に一部利確しておいて、暴落時の買付余力に回すというのは非常に合理的だと思いました(他の収入ソースから追加投資でもオッケーですが)。

買うだけが投資ではない

初心者の皆様からすれば何を言っているんだこの野郎!と思うかもしれませんが、投資は売りから入ることもできます。

その代表例がFX(外国為替証拠金取引)というものです。本来的には外貨を取引するものなのですが、仮想通貨にもビットコインFXなどのサービスがあります。FXの良いところは売りからトレードに入れるということ。FXの仕組みとして投資対象を最初に借りて売却し、後に買い戻すということも可能なのです。

その場合、売った時点と買い戻した時点のレートの差が損益になります。例えば、ビットコインが1,200,000万円に時に1BTCを売却(ショートとも言います)、その後1,000,000万円の時に買い戻した場合、差額の200,000円が利益になるといった感じです。

暴落時にはこのFXのショートを使えば短期間で多額の利益を得ることも可能です。そのため、市場が加熱している時に予めビットコインFXに一定額資金を集めておき、暴落が起こったらすぐにショートすることで相場下落時にも利益を得ることが可能になります。

ただし、このFXはリスクも大きいので短期的な取引のみ利用するとしたほうが賢明です。

ちなみにビットコインFXやるなら以下の2社が有名です。

まとめ

暴落時の立ち振舞い方について3点お伝えしてきました。

  1. 相場が加熱している時に一部利確
  2. 暴落時に備えて投資余力を確保
  3. ビットコインFXを適宜活用

この3点を意識しておくだけで、攻守のバランスの取れた仮想通貨投資家になれるのではないでしょうか。

まだまだ私も勉強の最中なので是非皆様の意見をお待ちしております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!


安心を最重要とお考えの方にお薦めの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所最高レベルのセキュリティと豊富な補償で初心者の方が安心して取引できる環境を整えているのがbitFlyerです。安全安心を最重要と考える方に一押しの取引所となっています。


ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。