週末起業イベント「Startup Weekend」が超アツい件

Startup Weekendとは

SW

たったの54時間でビジネスが生まれてしまう!?

Startup Weekend (http://startupweekend.org/ )は、金曜夜から日曜夜まで54時間かけて開催される、「スタートアップ体験イベント」を中心に、起業家を生み出すための世界規模の起業家コミュニティーです。SWは起業家が最初の一歩を踏み出すためのプラットフォームを目指しており、まだそうではなかったかもしれない人々に起業家になる”きっかけ”を与え、世界に起業家を増やすための活動を行っています。参加者は週末だけでアイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。

スタートアップを週末に体験してしまおうという発想が面白いですね。
では、StartupWeekend(SW)ではどんなことをするのでしょうか?

SWは金曜の夜、みなさんが自由なアイディアを発表するピッチから始まります。(任意) そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。
ハスラーは「ビジネスモデル(アイディア)の強化、マネジメント、顧客検証」
ハッカーは「機能の開発」
デザイナーは「使いやすいデザイン」
を各自が担当し、サービスを作り上げていきます。

3日間の具体的な流れとしては、以下のようになります。
SWtokyo

スケジュールを見るとかなり限られた時間の中でビジネスモデルとプロダクトを創っていくことになるわけですが、チームの中には日曜日の最終プレゼンでアプリ等のデモを披露するチームもあり、毎回驚かされます。

No Talk, All action

SWでは、机でのディスカッションよりもまずはデモやサービスを作り、検証を重ねながらサービスをより良くしていく、というリーンスタートアップの考えを採用しています。サービスが魅力的かどうかは想定顧客に聞く、事業概要のスライドよりもアプリ等のデモを創る、といった感じで非常に実践的です。

Startup Weekendがアツい理由

SWは上述のように起業の理論を学ぶ場所ではなく、ビジネスを0から創ることを通じてサービスを具体的なカタチにして皆で共有する場所です。そんなイベントですが、私が思うアツいポイントを解説します。

①自分のアイデアが試せる

任意ですが、金曜日の夜に参加者全員の前で自分のアイデアをピッチすることができます(1分間)。実際にピッチをすることで、自分の考えているアイデアにどれだけ食いつきがあるかを肌で感じ取ることができるでしょう。

②沢山の仲間が見つかる

54時間の中で共に考え、共に悩み、共に0から1を作り上げた仲はかけがえのないものになると信じています。私もこのイベントに参加して同じチームとなった方で、今も密にコミュニケーションを取っている人が何人もいます。また、同じチームで参加してから3年経っても月に一度は飲んでいるチームがあるぐらいです。

ただ単に名刺交換するようなイベントより何倍も密な関係が築けるのは間違いありません。

③事業化できる可能性がある

週末で、しかも見ず知らずの他人と作ったサービスがカタチになり、ついには事業化、という可能性もあります。ちなみに、SW経験者のうち、全世界平均で約15%の方々が事業化に成功していると言われています。

少しでも興味を持った方は

是非参加してみてください。SWを通じて起業した方も沢山いますし、イベント終了後もサービスの開発を継続しているといったケースも少なからずあります。

僕が思うに、アイデアをアイデアとして持っている人は100人中99人、アイデアを実際にカタチにできる人は100人中1人ではないかと。アイデアをカタチにするって難しいことだと思うかもしれません。でも、SWに参加すれば考え方が変わります、週末の54時間でアイデアがカタチになるのです。

SWは堅苦しい起業の理論を教える場所ではなく、アイデアをカタチにする方法論を学ぶという場所です。なので、起業は興味にないけど、何か自分の考えていることを具体的なものにしたいという方でも大歓迎です。

“StartupWeekend Funding”という、被災地熊本を支援するプロジェクトも始動しました。詳細はこちらから!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。