全国のラーメンを食べ歩いた筆者が語るご当地ラーメン5選

日本のラーメンは多種多様

これまでに30種類以上のご当地ラーメンを食べ歩き、うち半分以上はバイクで日本一周しながら食して来ました。

結論、日本のラーメンは魅力的です。地元の食材をふんだんに使ったものが多く、そのバラエティも豊富で食べていて飽きない。

最近インバウンドの仕事をしているのですが、アジアの外国人観光客の食べたい日本食でラーメンが常に上位に入っているのも頷けます。

ご当地ラーメンを厳選しました

全国津々浦々のラーメンを食べ漁り、喜怒哀楽を経験した筆者が語るご当地ラーメン5選をここに公開!

①鹿児島ラーメン(こむらさき)

これの何が良いかって?ズバリ、スープの深みです。豚骨をベースとして、鶏ガラ、野菜、昆布、そして椎茸などスープが旨くなる素材がたっぷり入っており、ただの豚骨ラーメンとは一線を画する味わい。

今なら鹿児島ラーメンの老舗こむらさきが新横浜ラーメン博物館に出店しているので、関東に在住の方でも食べることができますよ。

②函館ラーメン(あじさい本店)

究極の塩ラーメンと言っていいでしょう。

ダシがきいてて、細い麺とよく絡むんです。計算されたスープはどんな人でも最後まで飲み干したくなるくらい絶品です。

函館ラーメン

③八重山そば(わかなそば)

日本最西端、与那国島のラーメンです。文字通り日本最西端のラーメン!

豚骨ベースですが、あっさりしていてとても食べやすいです。アクセントになる生姜もGood!また、肉屋が経営しているだけあって、上ののっている三枚肉は文句なく美味しいです。

東京でも店を出してくれないかなと思う味わいでした。

④尾道ラーメン(壱番館)

シンプルな中華そばをベースにして、背脂でコクを出した醤油ラーメン。

脂っこいように見えるがとても食べやすく、近年都内でも人気がでている。

⑤横浜家系ラーメン(光屋)

最近都内でも異常に増殖しているラーメン。豚骨醤油をベースとし、太いストレートの麺を特徴とする。

僕は大学が横浜だったので週1で光屋には通っていて、今も横浜に行くと必ず立ち寄るというくらい好きです。通算150回は通ってるかも笑

家系ラーメンを食べるときは是非キャベツをトッピングしてください。

 

番外編

ご当地ラーメンの旅に出ると珍ラーメンに遭遇するものです。既に有名になっているものもありますが、ここで珍しいラーメンをご紹介。

①鍋焼きラーメン(高知県須崎市)

高知県のご当地ラーメンで、土鍋で出てくるから最後までアツアツで食べられる!

ちなみに味は、いたって普通の和風だしでした。。

②富山ブラック(富山県富山市)

スープが黒い!黒胡椒が大量に撒かれている!ネギがでかい!

印象的というかインパクト大なラーメンです。スパイシーな味わい。

 

まとめ

こうしてみると日本には色んなラーメンがありますね~。最近はご当地ラーメンも都内に多数出店しているので、たまにはご当地ラーメンを食してみるのも面白いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。