FT MBAランキング2018発表!アジアMBAの順位は軒並み上昇

こんにちは、Nobu(@scrambler9)です。

毎年1月末に発表されるFinancial TimesのWorld MBAランキングですが、2018年度版が発表されたので今年も分析してみたいと思います。

MBA Rankingは正直言ってMBA生くらいしか注目しないのですが、MBA各校の評価を示す指標として一定の影響力を誇っているのも事実です。その中でもFinancial Timesは最も影響力があるランキングの一つと言われています。

早速、今年の結果について考察していきます。

MBAランキング2018

まずはTop5から。

順位 学校名 国名
1位 Stanford University US
2位 INSEAD France/Singapore
3位 University of Pennsylvania US
4位 London Business School UK
5位 Harvard University US

Stanfordが栄えある第一位になりました。一方でINSEADは首位の座から陥落して3年連続の一位とはなれませんでした。

3-5位についてはもはや説明不要の世界トップ校がランクインしていますね。本当のTop of Topはこの5校といってもいいほどで、他校がTop5に入るのはなかなか難しいと思われます。

つづいてアジアMBAについてはどうなったでしょうか。

順位 学校名 国名
8位 CEIBS(中欧国际工商学院) China
14位 HKUST(香港科技大学) Hong Kong
18位 NUS(シンガポール国立大学) Singapore
22位 NTU(南洋工科大学) Singapore
28位 ISB(Indian School of Business) India

昨年に続いてCEIBSが大幅に順位を上げて8位にランクインし、アジアMBA1位の座を確保。競合ひしめくTop10の中にランクインしました。

そして、今年はシンガポールMBAの躍進が見て取れます。NUSは昨年の26位から18位へランクアップし、Top20入り。NTUも小幅ながらランキングを上げて22位となりました。また、表には載せていないですが、SMU(シンガポール経営大学)が初のランクインを果たして49位へ。

アジアMBAの順位と給与水準は?

FTランキングは卒業生のパフォーマンス(主に給与)等によって決定されるため、毎年ランキングは変動します。

そこで、昨年と同じくアジアMBAの過去5年の推移をグラフで追っていくことにしましょう。

昨年のランキング分析記事において、Top20の壁があるということをお伝えしていましたが、今年はNUSがいともたやすくTop20の壁を越えました。

また、Top10の壁においてはCEIBSが8位にランクインしてその壁を越えましたね。これにはさすがに驚きましたが、給与水準の高さや給与の上昇率を見るとFT上ランキングが上がるのは間違いないと思いました。

次は卒業後3年後のサラリー分析です。

全般的に見てアジアMBAの給与水準は年々上昇しています。最も給与が多いのは上海のMBAスクールCEIBSで$162,858です。日本円で約1,780万円くらいでしょうか。

CEIBSに交換留学していた私が実際に聞いた限りでは、この数字は嘘ではなく本当の給与水準とのことです。中国本土では管理職人材が圧倒的に不足しているのでMBAホルダーにはこのような金額の給与が払われるのです。

CEIBS以外のアジアトップ校も軒並み給与水準を上げています。例えばランキング18位のNUSは$143,917でこの数字は欧州Top校の一つであるIESEやESADEとほぼ同じ水準です。

ただし授業の質は改善の余地がある

このようにランキングや給与水準は欧米校と勝るとも劣らないレベルまで上昇していることは間違いありません。

一方で、私自身が感じたことなのですが、授業や生徒の質はまだまだ欧米校に一日の長があると思います。やはりアジアMBAは全般的に歴史が短いですし、授業内容も欧米校を中途半端に真似したようなものも散見されました。

私はCEIBSに交換留学していたのですが、欧米校から派遣されてくる講師とアジア人の講師には、授業の質や面白さ、学びの深さという点でまだまだ差があると感じました。

このようにランキングだけを見るとアジアMBAはかなりイケてると思われるのですが、総合的に見た時にアジアMBAは発展途上であると言えます。

まとめ

昨日発表されたFinancial Times MBA Rankingをもとに、アジアMBAランキングの趨勢を見てきました。

ランキングは水物ではあるものの、数年前に比べれば少しずつアジアMBA各校のランキングは上昇しており、給料水準に関しては明確な上昇が確認できます。

アジアの勢いに乗りたい方、今後も要チェックですよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。