【最新版】手数料が激安!国内取引所Zaifの特徴と口座開設方法とは?

この記事では、国内取引所Zaif(ザイフ)の特徴と口座開設の方法について解説していきます。

ZaifはNEM.io財団の理事である仮想通貨業界の重鎮朝山貴生氏が代表を務める取引所で、取引の手数料が激安!というところに最大の特徴があります。

Zaif取引所はテックビューロ株式会社によって2014年4月に運営が開始されました。歴史の浅い仮想通貨業界にあっても、bitFlyer、coinchekと共に比較的長い運営年月を誇ります。

では、さっそくZaifの特徴と口座の開設方法についてみていきます。

取引所Zaifの特徴

Zaifは2014年から運営している大手の仮想通貨取引所です。

NEM.io財団の理事である朝山貴生氏が率いるZaifは日本有数のベンチャーキャピタルから投資を受けている有望な会社でもありますが、2017年9月には仮想通貨交換業者として正式に認可されました。

Zaifの最大の特徴は、国内取引所の中でも群を抜く手数料の安さです。特に売買手数料に関してはZaifは圧倒的に安く、2018年1月現在Zaifでビットコインを購入すると逆にビットコインがもらえるというマイナスの手数料を設定しています。

取り扱い通貨一覧

Zaifの取り扱い仮想通貨は2018年1月現在で5種類

主要通貨であるビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)の他、国産通貨のモナコイン(MONA)、日本人が開発者チームにいて日本と縁が深いNEM(XEM)です。

仮想通貨だけをみれば取り扱い数は多くないのですが、Zaifの大きな特徴として「トークン」も取り扱っているというものがあります。トークンとは他の仮想通貨プラットフォームで発行される独自のコインであり、Zaifには主に以下のトークンが上場しています。

Zaifの口座開設方法

Zaifの口座開設はとても簡単です!まずは下記のボタンをクリックしてZaifのホームページに飛んでください。

Step1 Zaifのユーザー登録

まずはメールアドレスを入力して「無料登録へ」ボタンをクリックします。

すると入力したメールアドレスに以下のようなシンプルなメッセージが届くと思いますので、表示されているURLをクリックしてください。

URLをクリックするとユーザー登録の画面に飛ぶと思います。この画面では、利用規約及び重要事項説明を読んだ上でチェックを付し、パスワードを入力することになります。

パスワードに関しては強度が50%以上にならないと次に進めません。パスワードの強度を50%以上にするためには、大文字、数字、記号などを組み合わせて目安として8文字以上入力すると概ね強度が50%を越えてくるはずです。

次にログイン画面に飛びますので、先程登録したメールアドレスとパスワードを再度入力してください。これでユーザー登録は完了です。

Step2 本人確認資料の提出

ログインした後のZaifホーム画面において、下記のように本人確認資料の提出を促すポップアップが表示されているはずですので、まずはこちらをクリックします。

基本情報の入力

そして、次のページで基本情報を入力します。入力が完了したら「変更」ボタンをクリックします。

本人確認資料の提出

本人確認書類を提出するためにはまず画面上部の「本人確認」タブをクリックして下記のような画面を表示させます。そして、本人確認書類をアップロードします。

一例としてここでは運転免許証の場合について解説しますが、運転免許証の表裏両面を写真撮影し、当該ファイルを画面中段の「Choose file」ボタンをクリックしてアップロードしてください。なお、画面下段の登録したお名前、住所、生年月日とアップロードした運転免許証の情報が一致している必要がありますので要注意です。

アップロードが完了したら、画面最下段の「本人確認の申請をする」ボタンをクリックしましょう。

本人確認書類のアップロードが完了すると、Zaif側で当該資料の審査があり、後ほど本人確認コードが記載された郵便物が届きますのでそれまで待ちましょう(ちなみに口座開設の人気のため、現在郵便物の発送に遅れが生じています)。

郵送による本人確認

本人確認コードが記載された郵便物が簡易書留(転送不要)で届きますので、Zaifにログインし、画面右上の「アカウント」をクリックすると下記のような画面が現れます。そこで、「本人確認のセクション」をクリックします。

その後の画面で本人確認コードを入力し、「本人確認コードを送信」ボタンをクリック。

これで本人確認が終了しました。

電話番号認証

本人確認の最後は電話番号認証です。

Zaifホーム画面の本人確認を促すメッセージをクリックすると下記のような画面になりますので、画面上段の「電話番号認証」ボタンをクリックして、SMSが受信できる携帯電話番号を入力した後、「送信」ボタンをクリック。

お手持ちの携帯電話にZaifから認証コードが届いているはずですので、認証コードを入力して電話番号認証を完成させてください。

Step3 日本円の入金

Zaifで日本円を入金する方法ですが、まずはログインしたホーム画面の「入出金と履歴」タブをクリックします。

続いて下記画像にあるような日本円マークをクリックした後、入金ボタンを押します。

画面下移動すると入金金額を入力する場所がありますので、金額を入力して「入金開始」ボタンをクリック。

入金をリクエストすると振込先の情報が表示されます。振込先は住信SBIネット銀行なので振込時の「振込名義人」の後ろにZaifが指定する識別コードを入力する必要があります。住信SBIネット銀行から振込をすると振込手数料が無料になります。

なお、銀行の営業時間外に振込をすると入金の反映は翌営業日になりますので、振込の時間帯には注意してください。

まとめ

Zaifの口座開設方法と入金の方法についてお伝えしてきました。

Zaifでは2018年の本命通貨であるイーサリアム(ETH)やネム(XEM)を取引所において指値で注文することができるので、birFlyerやCoincheckとは違って売買手数料を劇的に抑えることができます。

また相場を気にしたくない方には毎月一定額の仮想通貨を購入できるサービス「Zaifコイン積立」も利用可能なので忙しい方にお薦めです。

まだ口座を開設していない方はこちらからどうぞ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!


安心を最重要とお考えの方にお薦めの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所最高レベルのセキュリティと豊富な補償で初心者の方が安心して取引できる環境を整えているのがbitFlyerです。安全安心を最重要と考える方に一押しの取引所となっています。


ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。