【最新版】国内取引所ビットフライヤーの特徴と口座開設方法とは?

この記事では、国内取引所ビットフライヤーの特徴と口座の開設方法についてお伝えしていきます。

ビットフライヤーといえば成海璃子さんが出演しているCMが連日TVで流れていますが、取引所自体は2014年からサービスが運営されている大手の仮想通貨取引所です。

ビットフライヤーの代表である加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めており、非常に信頼感・安心感のある取引所であるというところに特徴があります。

では、さっそくビットフライヤーの特徴と口座の開設方法についてみていきます。

取引所ビットフライヤーの概要

ビットフライヤーは、2014年から運営している大手の仮想通貨取引所です。

日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めている加納裕三氏が率いるビットフライヤーは国内有数のベンチャーキャピタルから投資を受けており、資本金の額は2018年1月現在で41億円以上と、国内の取引所の中で最多を誇っています。

ビットフライヤーの特徴はなんといってもその資本金の多さに裏付けられた企業としての安定性と安心の補償です。補償制度としては、預かり資産の合計額が100万円超の二段階認証設定ユーザーに対して、最大500万円と、現状では国内最大の補償サービスを提供しているのです。

銀行の預金においては、国がペイオフ制度で1,000万円まで補償してくれていますが、仮想通貨には今のところそのような補償はないので、ユーザーとして補償制度があるかどうかは非常に大事なポイントです。

取り扱い仮想通貨一覧

ビットフライヤーの取り扱い仮想通貨は2018年1月現在で6種類

主要仮想通貨であるビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ビットコインからフォークしたビットコインキャッシュ(BCH)などの取り扱いがある他、国産仮想通貨のモナコイン(MONA)の取り扱いもありますね。

ビットフライヤーの口座開設方法

ビットフライヤーの口座開設はとても簡単です!まずは下記のボタンをクリックしてビットフライヤーのホームページに飛んでください。

Step1 ビットフライヤーのアカウントを作成

リンクへ飛ぶと以下のような画面が表示されます。アカウントの作成方法は以下の4つから選ぶことができますので、使っているサービスに応じて好きな作成方法を選んでください。

  1. メールアドレスを入力
  2. Facebookアカウントを使用
  3. Yahooアカウントを使用
  4. Googleアカウントを使用

今回は1.のメールアドレスを入力する方法で口座開設するやり方を解説していきます。まずは、下記画像の「メールアドレス」欄にメールアドレスを入力して、アカウント作成ボタンを押してください。

アカウント作成ボタンを押すと、入力したメールアドレスに下記のようなメールが送られてきていると思います。そこで、メールに記載のリンクをクリックするか、あるいは、キーワードをコピーして画面で入力することで次に進めます。

「アカウント作成」ボタンを押すと下記のような画面が表示されますので、内容を確認の上、チェックを付けて「bitFlyerをはじめる」ボタンをクリックしてください。

Step2 本人情報の登録

ステップ2は本人情報の登録です。

「bitFlyerをはじめる」ボタンを押すと下記のような画面が出てきますので、画面下部の「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックします。

次に、本人情報入力欄が出てくるので一つ一つ入力しましょう。

ここで住所が間違っていると本人確認資料との整合性が取れなくなってしまうので、間違いないか再度確認してください。電話番号は固定電話か携帯電話のどちらか一つでオッケーです。入力が完了すれば、「登録情報を確認する」ボタンをクリックします。

本人情報の確認画面が次に出てきますので、間違いがないか再度確認して「ご本人情報を登録する」ボタンをクリック。これで、本人情報の入力が完了します。

Step3 本人確認資料の提出

次は本人確認資料の提出です。

本人情報の入力が終了すると下記の画像が現れるので「続けてご本人確認資料を提出する」ボタンをクリックします。

本人確認資料は下記の画像に表示されている資料の中から選べますが、一般的には運転免許証や健康保険証が用意しやすいでしょう。

当記事では運転免許証を提出する場合について解説していきますが、運転免許証の場合は表面裏面両方の提出が必要であることに注意が必要です。

以上で本人確認資料の提出は終了です。

Step4 書留ハガキの受取り

ビットフライヤー側で本人確認の作業が終了すると、ビットフライヤーからの書留はハガキが送られてきます。ハガキは本人情報に記載に住所に送られてきますので、仮に送り先を変更したい場合は登録の住所を変更してください。

書留ハガキは通常のハガキと同じように送られてきますが、本人確認が目的であるためポストには投函されません。必ず配達員から直接受け取ってください。もし受け取れなかったら不在票がポストに入っているはずなので不在票を持って郵便局に行きましょう。取りに行く場合は運転免許証などの本人確認書類を忘れずに持参してください。

以上でビットフライヤーの口座開設は完了となります。

Step5 銀行口座の登録と日本円の入金

仮想通貨の取引開始までもう少しです!口座開設は完了後の取引に至るには銀行口座を開設して日本円を入金します。

まずはホーム画面左のタブ「入出金」をクリック。その後に現れた画面にて「銀行口座情報を追加する」をクリックします。

具体的な銀行口座を登録するために、銀行名・支店名・口座種別・口座番号・名義を入力します。

銀行口座登録後、ビットフライヤーへの入金用口座が確認できると思いますので、当該銀行口座に日本円を入金します。なお、この銀行口座は登録者一人ひとりに割り当てられている専用口座となっています。

番外編 すぐにトレードしたい時はクイック入金が便利!

通常の銀行振込ですと、ビットフライヤーの口座に入金が確認できるまでに時間がかかります。銀行の営業時間外に振り込むと反映されるのはゆく実ですし、週末に銀行口座で振り込んだとしたら反映されるのは週明けということになってしまいます。相場が変動している局面で一刻でも早く仮想通貨を購入したいという時にはクイック入金が便利です。

クイック入金の方法ですが、ホーム画面左の「入出金」タブをクリック画面上の「クイック入金」タブをクリックすると、入金額を入力する欄と入金方法を指定できるページが現れます。

「ご入金額」に入金したい金額を入力し、下のタブから入金方法を選びましょう。入金方法はインターネットバンキング、銀行ATM及びコンビニから選択可能です。

注意点として、入金手数料が324円かかってしまいますが、どうしてもすぐに資金を反映したい場合はクイック入金がお薦めです。

まとめ

ビットフライヤーの特徴と口座開設方法についてお伝えしてきました。

ビットフライヤーといえば豊富な資金力と安心のセキュリティで、国内の取引所の中でも最も安心して仮想通貨の投資ができる取引所です。

仮想通貨の投資をしてみたいけどちょっと怖いし不安、、という方には最もお薦めの取引所となっていますので、下記のリンクからビットフライヤーのホームページにアクセスして是非口座登録してみてください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!


安心を最重要とお考えの方にお薦めの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所最高レベルのセキュリティと豊富な補償で初心者の方が安心して取引できる環境を整えているのがbitFlyerです。安全安心を最重要と考える方に一押しの取引所となっています。


ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。