年末にTRONを購入したら年始に爆騰したでござる

年末年始は食って仮想通貨食って仮想通貨を繰り返したNobuです。

仮想通貨について知るのが楽しすぎて、年末年始の特番なんか見ることもなく年が明けてしまいました。

年末のとある日に世界最大級の海外取引所バイナンス銘柄をウォッチして投資する銘柄をリサーチしていたのですが、一つだけ引っかかる銘柄があったんですよね、それが今回紹介するトロン(TRON)という仮想通貨銘柄です。

年明け早々からきれいな放物線を描いて爆騰しているトロンですが、銘柄の特徴と合わせてその原因を探ってみます。

中国発の仮想通貨トロン(TRON)とは

トロン(TRON)とは中国のJustin Sun(孙宇晨)氏が設立したエンターテイメント向けの仮想通貨です。トロンの目指す所はブロックチェーン技術を用いて世界的なエンターテイメントシステムを構築することです。

この仮想通貨はSNS、ゲーム、ギャンブル等のデジタル娯楽産業において主に使用され、決済、コンテンツ保存配信、信用スコア管理等の機能を備えるとされています。

昨年8月のICO時には30秒で完売するほどの人気通貨であり、北京大学を卒業し中国では仮想通貨業界の有力者とされるJihan Wu(吴忌寒)氏も出資していることから、高い将来性が評判となっていました。

新年早々に火が着いた

昨年にバイナンスの口座を開設して早速銘柄のリサーチを始めていたところ、中国発の仮想通貨が上場していました。

バイナンスが注目を浴び始めた頃私は上海に住んでおり、中国のテクノロジーの発展に腰を抜かしていました。現金を持ち歩かなくて生活ができるくらいに普及したスマホ決済やラストワンマイルの移動を圧倒的に快適にするシェア自転車等、中国発のイノベーションを肌で感じ取りました。

そこで、期待感を持って中国発の仮想通貨であるトロンを軽くリサーチしてみると、

シンガポール発のシェア自転車企業OBIKEとのパートナーシップや中国のテックジャイアントAlibabaと提携を示唆!というビックニュースを発見。提携して具体的にどうなる等のことは分かりませんでしたが、このような提携話は非常に好材料(特にアリババ)だと判断して資金を投入したのです。

そして今度は年明け早々にブロックチェーンのゲームコンテンツを中心としたオンラインゲームプラットフォームであるGame.comとの戦略的パートナーシップを発表。これがトロンの高騰の主たる理由とされています。

下のチャートはTRX/ETHのものですが、11月の底値0.00000368からたった1ヶ月強で86倍という爆騰を成し遂げたトロン。

年末にはバイナンスの上場全通貨の中で最も単価が低かったトロンですが、今回の高騰で単価を上げ、一気に仮想通貨時価総額ランキング7位にまで浮上しました。時価総額はなんと約1.7兆円ということで飛行機のANA HDと同じくらいの時価総額ということになります。正直なところクレイジーとしか言いようがありません。。

今後の展望

トロンの今後の展望についてまとめてみます。

日本国内取引所への上場準備

昨年の12/25のJustin Sun氏のツイートによれば、「日本の取引所への上場のために日本の規制当局に上場申請を提出するつもりだ」と発言しており、国内取引所への上場準備が既に始まっていることを示唆しています。

更なるパートナーシップの発表が迫る

こちらもFounderのツイートより。”a very prestigious public listed company”ということで、著名な上場企業とのパートナーシップを来週発表するようです。パートナーシップの発表の度に価格を上げてきたトロンですが、果たして次はどの企業との提携するのでしょうか。

でもプロダクトのローンチは未完了

ここまで話題を集めて価格も高騰しているトロンですが、まだ具体的なプロダクトがローンチされている訳ではありません。

実用性の無い仮想通貨は最終的に淘汰されていく可能性が高いので、特にトロンに投資された方は今後のプロダクトの開発状況をチェックしていくことをお薦めします。

まとめ

まさにイケイケという言葉が似合うトロンですが、このままの勢いを保って更なる価格上昇を実現するのか、それとも実用性という面で悲観売りに合うのか、そのシナリオは現時点では分かりません。

しかしながら、数ある仮想通貨を抑えて時価総額7位まで上り詰めたこの仮想通貨は多くの人が非常に楽観的な将来像を描いていることは間違いありません。トロンのホルダーの一員として、是非実用的なプロダクトの開発に専心してほしいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!


安心を最重要とお考えの方にお薦めの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所最高レベルのセキュリティと豊富な補償で初心者の方が安心して取引できる環境を整えているのがbitFlyerです。安全安心を最重要と考える方に一押しの取引所となっています。


ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。