ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴と将来性をまとめてみた

こんにちは、Nobu(@scrambler9)です。

「国際派会計士の仮想通貨ブログ」では初心者の方に向けて仮想通貨銘柄の解説をしています。過去にはイーサリアム(ETH)やネム(XEM)の基本的な仕組みから将来性までお伝えしていきました。

本日お伝えするのは、昨年のビットコイン(BTC)からハードフォークしたビットコインキャッシュ(BCH)という銘柄です。

ハードフォークとは何のフォークじゃ??という方もいらっしゃるのでしょうから専門用語や経緯も含めてお伝えしていきます。

ビットコインキャッシュの概要

ビットコインキャッシュとは2017年8月1日にビットコインのハードフォークで誕生した通貨です。

ハードフォークとは仮想通貨のルールを途中から変更し、新しいルールを適用することで旧ブロックとの互換性がなくなることです。

仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンとは一つに連なるデータ列のことをいいますが、これを途中から新しいルールで運用すると前のブロックとの互換性がなくなるため新しいブロックの列が出来上がります。

なので、旧ルールのまま運用されているブロックはビットコイン、新ブロックのものはビットコインキャッシュということになります。

ではなぜ去年夏の時点でビットコインは2つのブロックに分裂したのでしょうか?

スケーラビリティ問題が勃発

ビットコインを支えるブロックチェーンの1ブロックの容量は実は決まっていて、その容量は1MBとなっています。運用が開始された当初は1MBくらいの容量でも問題なかったのですが、近年の仮想通貨市場の盛り上がりによりブロックが容量不足になってきたのです。

つまりは取引件数が多くなるにつれて取引データがブロックに入りきらなくなり、結果として未処理の取引が増加してきました。そうなると「送金詰まり」という現象が発生し、当初は10分で送れた送金時間が1時間2時間と延びる結果になりました。

個人間の送金だったらまだ待てるかと思いますが、これが店頭での決済だと使い物になりませんよね(店頭ではクレジットカードのように即時決済が求められる)。

このような一連の送金詰まりのことをスケーラビリティ問題といいます。

じゃあ、このスケーラビリティ問題に対処するためにどうすればええの?ということですが、単純に考えればブロックの容量を1MBから増量するか、ブロックに格納するデータを圧縮するかのどちらかになります。

そしてビットコインキャッシュは前者のブロック容量を8MBに引き上げることでビットコインのスケーラビリティ問題を解決しようとした通貨になります。

ビットコインとの違いは?

ビットコインキャッシュはビットコインのコミュニティでの対立の結果誕生しました。

前述の通り、ビットコインキャッシュの最大の特徴はブロックの容量が8MBで将来的には32MBまで容量を拡張できる仕様となっています。そのため、理論的に考えればビットコインキャッシュは最低でもビットコインより8倍の取引量を処理できるということになります。

ビットコインキャッシュの価格推移

ビットコインキャッシュの価格推移をおさらいしておきましょう。

2017年の8月1日にハードフォークして誕生したビットコインキャッシュの初値は約2万円。その後昨年10月から本家ビットコインの価格が徐々に上昇していく中で、ビットコインキャッシュも歩調を合わせるようにして上昇しています。

2017年の12月には世界的に有名な仮想通貨取引所がビットコインキャッシュの取扱いを開始したことや、ビットコインキャッシュを基軸通貨としてアルトコインが購入できる取引所が現れたことにより高騰。500,000円近くまで価格があがりました。

2018年1月現在は300,000円強で取引がされています。

今後の展望

ビットコインキャッシュは今後どうなっていくでしょうか。

ビットコインのスケーラビリティ問題をブロック容量を増やすことで一時的に解決したビットコインキャッシュですが、その取引の安さと手数料のや安さで当面は人気がでるかもしれません。

また、ビットコインキャッシュを基軸通貨とした取引所(OKExなど)やビットコインキャッシュでの決済方法も続々と誕生していることから、2018年はビットコインキャッシュの需要がより高まるとみています。

当然ながら需要が高まるにつれて増強された8MBのブロック容量も最終的には容量オーバーになる可能性があり、その時にはビットコインと同じような問題に直面する可能性はあるでしょうが、当面はそこまで至らないのではと思います。

ビットコインキャッシュが購入できる取引所

ビットコインキャッシュが購入できる場所は様々ありますが、その中でもお薦めの取引所は以下の3社です。

  1. bitFlyer
  2. Coincheck
  3. Zaif

その中でも私がいつも使っているのはZaifです。Zaifは取引所の形式を取り、取引所からではなく売りたい人から購入するので手数料を劇的に抑えることができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!


安心を最重要とお考えの方にお薦めの仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所最高レベルのセキュリティと豊富な補償で初心者の方が安心して取引できる環境を整えているのがbitFlyerです。安全安心を最重要と考える方に一押しの取引所となっています。


ABOUTこの記事をかいた人

AsiaTech Labo管理人のNobuです。本ブログでは、アジアMBAの受験対策、アジアMBAインタビュー、アジアビジネスの考察記事を書いています。また、管理人が現在ハマっている仮想通貨やIoTについてもお伝えしていきます。