【体験談付き】アジアに転職するならここに頼れ!お薦めの転職エージェントをご紹介

こんにちはNobu(@scrambler9)です。

3月になり年度末最後の月に突入しましたね。

3月といえば毎年転職の求人数が跳ね上がる時期です。周りの話を総合すると転職市場は売り手市場で、希望の転職を叶えやすい状況にあるという声が聞こえてきます。

ただ、海外への転職を実現したいとしてもどの転職エージェントに登録したらいいんだろう??

という声をよく自分の周りから聞きます。

そこで、本日は海外転職を実現したいと希望に燃えているあなたに向けて海外転職の経験者である私が、

お薦めの転職エージェントをまとめてみました。

転職のメリットは収入増とエキサイティングな環境を手に入れること

そもそも転職のメリットとは何でしょうか?

一番最初に思い浮かぶのが収入増ですよね。

例えばですが、同じ仕事をしていても日本企業から外資系企業に転職するだけで収入が2倍3倍になるといったケースはよくある話です。

また、転職することで自分の専門とは違う新たな仕事をすることができ、その結果、スキルの掛け合わせでオンリーワンな自分に近づくことができるのです。

他方、海外転職をすれば外国人と外国語(主に英語)を用いて仕事ができるというエキサイティングな環境を手に入れられる可能性が大いにあります。

このように転職をすれば、収入が増えるだけでなく今からは想像もつかないようなエキサイティングな環境に身を置くことができるのです。

海外転職の体験談

能書き垂れるのもアレなので、自分の体験談を少し話しますね。

私は2社目で海外転職をしました。

東南アジアの業務拠点を作るべくインドネシアの首都ジャカルタをベースとしながら、案件で東南アジア全域を回っていました。

スタッフの大半はインドネシア人だったので、ビジネス上の言語は英語とインドネシア語でした。

当時は拙い外国語でなんとか現地スタッフとコミュニケーションを取りながら案件を進めていったことを覚えています。そのような環境は非常にエキサイティングでしたね。

外国人とどのようにうまく働くかについては、当時苦しみながらも生み出したノウハウがベースになっています。

そして、インドネシアを含む東南アジアでの経験が高く評価されたからアジア屈指のMBAに入学することができ、今の自分があると思っています。

転職する方法とは

さて、本題に入ります。

海外就職を実現して、収入増やエキサイティングな環境を手に入れるにはどうすればいいのかでしたね。

もったいぶらずに結論をお教えしましょう。

それは、、、「海外就職に強い転職エージェントに複数登録する」ということです。

めんどくさっ!!そんな声が聞こえて来そうですが(笑)転職エージェントに複数登録することは良いことだらけなんですよ。

まず、転職エージェントの登録自体は無料です。なぜかというと、求人を募集している企業から多額のフィーをもらっているので転職者からは課金しない仕組みになっているのです。

重要なことなのでもう一度繰り返します。

転職エージェントの登録は無料です。

さらに、転職エージェント毎に持っている案件が違いますし、エージェント毎に強みや弱みが当然ながらあります。

そこでの複数登録です。あなたの理想の仕事が見つかる可能性が大幅に上がりますよ。

転職エージェント

では、どのような転職エージェントが良いのか?という疑問が思い浮かぶはずです。

以下で紹介する転職エージェントは海外転職に強いエージェントばかりです。

海外転職に強いJAC Recruitment

 

まず最初にお薦めしたいのがJAC Recruitmentです。

JAC Recruitmentは国内第3位の売上規模を誇る業界大手の日系転職エージェントです。

JACの強みは日系グローバル求人や海外転職求人の豊富さ!世界8カ国に拠点を持っているだけあって、グローバルな求人数は非常に多いです。

また、ネイティブコンサルタントによるバイリンガルでの転職支援を行っており、英文レジュメや外国語インタビュー対策などもばっちりです。

私はJAC Recruitmentの海外支店に勤めている友人が居るのですが、とても丁寧に転職とキャリア相談に載ってくれました。ということでJAC Recruitmentを一番のお薦めとします。

お薦めポイント
  • 業界第3位の安心感・信頼感
  • アジア等の海外転職に特に強い!
  • バイリンガルでの転職支援は海外転職を目指すあなたにとって使い勝手が良い

圧倒的な求人数のリクルートエージェント

圧倒的な求人数の多さで知られるリクルートエージェントです。

日本が誇るリクルートグループの一角、リクルートエージェントが提供するサービスです。

リクルートエージェントの強みは求人数の質と量。最大手だけあって幅広い求職者に対応している点が魅力です。

リクルートエージェント持っているJACと同じくアジア各国に拠点を持っているため、グローバル求人を多く取り扱っています。

特にシンガポール、タイ、インドネシア等のアジア転職にはもってこい。海外志向の高い登録者が多いため、自然と海外転職案件が転がってきますよね。

お薦めポイント
  • 業界最大手リクルートグループ
  • 海外の日系法人の案件が非常に多い
  • アジア圏の案件には特に強い

ハイクラス求人が多いビズリーチ

管理職・専門職向けハイクラス求人で定評があるビズリーチ。

管理職・専門職だけに場合によっては2,000万円を超える案件もあり、特に外資系案件に強みがあります。

JACやリクルートエージェントと違って、ビズリーチはヘッドハンター経由での求人が多いのも特徴です。私もビズリーチに登録していましたが、結構な頻度でヘッドハンターから求人の案内が来たりします。

特にMBAを目指す方は早めにビズリーチに登録をしてレジュメを作成しておくと、その後の転職活動が圧倒的に楽になります。

今まである程度以上のキャリアを積んできて、次こそは海外で働いてみたい、外資系求人にチャレンジしたい方にお薦めします。

お薦めポイント
  • 高収入・ハイクラス求人に特化している
  • ヘッドハンターから求人の紹介が来る
  • 外資系案件に特に強みあり

番外編:転職する前に自分の強み診断をしよう

さあ、転職だ!と意気込むあなたにもう一つお薦めがあります。

それが自分の強み診断です。

これは自分もMBA在籍中に散々悩んだのですが、自分の強みを知らないと転職先で活躍できないんですよね。

なぜか?

単刀直入にいうと、他の求職者と差別化できないからです。

あなたが狙う企業は皆が知っている一流企業だと思います。その一流企業は当然皆が入りたいと思うので、すごい競争になるのは想像に難くないでしょう。

キャリアで大事なのは弱みを克服することではありません。自分の強みを徹底的に磨くことです。

特に外資系ではスペシャリストが求められる傾向にあるので、なおさら自分の強みやウリを持っておく必要があります。

自分の強みを磨くために必要なこと、それは、、、自分の強みを認識することですよね。

リクナビNEXTのグッドポイント診断なら18種類の中からあなたの強みを5種類提案してくれます。

新卒ならまだしも、転職の場合はこれまでの経験をもとに自分の強みを語ってアピールする必要がありますよね。

時間もかからないですし無料でできるものなので、是非活用してみてください。

今転職は絶好のタイミング

ここまで外資系・アジアで働くための方法論についてお伝えしてきました。

最後にあなたにお伝えしたい事実が一つあります。

転職に有利なタイミングがあるのはご存知でしたか?

それは、なんと3月です!

企業の事業年度を考えれば、今まさに採用活動が活発すると言われています。

このチャンスを逃さないためにも、まずは無料で転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

外資系・アジア転職に強い転職サービスランキング

【1位】JAC Recruitment <海外案件の豊富な実績及びアジア転職に強み>
【2位】リクルートエージェント <圧倒的な求人数で希望の仕事が見つかる>
【3位】ビズリーチ <ハイクラス求人と外資系案件に強み>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!