アジアMBAの授業を公開!NUS MBA Marketing Management編

MBAの授業とは?

MBAの授業とはどんなもんか?多くの人が疑問に思うはずでしょう。

そこで、本日から数回にわたって私が通っているNUS(シンガポール国立大学)MBAの授業内容についてお伝えしていきます。第一弾はシンガポール国立大学MBAの”Marketing Management”という講義からです。

授業概要

ニューヨーク大学でPhD( Marketing)を修了したインド人教授のもと、マーケティングに関する基本的な知識及びアジアマーケティングの事例を3ヶ月かけて学びます。事例としては消費財等のFMCGプロダクトをメインに扱うことが多い印象。

授業の形式

基本的にはレクチャーノートに基づいて教えていくのですが、教授がよく生徒に質問します。ひとたび議論が巻き起こると教授はファシリテーションに徹し、授業の学びを最後にまとめるといったスタイルです。

学習内容

前半:Marketing Math, Marketing researchなど

前半はマーケティング理論を学ぶ前の前提知識として、固定費・変動費などの計算、マーケティング・リサーチの手法及び消費者行動理論についてざっと学びます。

中盤:Marketing Strategy, Marketing Plan

中盤では、マーケティングの肝である、STP (Segmentation, Targeting, Positioning)と4P(Product, Price, Place, Promotion)を学習。ハーバードMBAのケースを使いながら、実際のビジネスケースにもとづいて皆で議論しながら学習します。

後半: Marketing in Asia

後半では、NUSらしさがでるAsia Marketingの登場です。

アジアのビッグ市場である中国とインドを例に、アジアの中でどのようにマーケティング戦略を立てるべきかを議論していきます。アジア市場の特徴として、所得が低いBOP(Business of the economic Pyramid)層が依然として存在していることが挙げられますが、当Marketing Managementの授業ではそういったBOP層に対するマーケティング理論も学んでいきます。

課題

課題は4-5人のチームを組んで、与えられたマーケティングのケースを定量的・定性的に分析し、レポートを書き上げます。これまでの課題としては、以下のケースが与えられました。

Math : プレミアムミネラルウォーターをどのように売るか (インド)
STP: とあるEUの銀行がルーマニアでクレジットカードビジネスを立ち上げるか (ルーマニア)

4P (Product) : 地場ビールメーカーがライトビールのブランド拡張をするかどうか (アメリカ)
4P (Place) : ヨーグルトメーカーがどのチャネルを使って販売するか (アメリカ)
Asia Marketing : 化粧品メーカーが中国市場をどう攻めるか (中国)

ビジネス・ケースの課題が出される週は、授業の最初に任意で1チームがプレゼンを行います。

その他

中間試験終了後に教授を囲んで飲み会があった他、終盤にはP&GのAPAC責任者を講師として呼び、P&Gのアジアマーケティング戦略について講演がありました。

まとめ

当Marketingの授業は、欧米のケースを一定数扱っているものの、随所にアジアの要素や事例が入ってくることが特徴です。

教授の英語は、インド人の英語の中でも最上級に聞き取りにくい英語で、最初は何を言っているか分からず相当疲弊しましたが、慣れてくると発言の機会も増えてきてそれなりに面白い授業です。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Asia de MBA編集長。シンガポール国立大学MBA intake2016 公認会計士。大学卒業後、監査法人に入所。会計監査・コンサルティング業務に従事するも、会計スキルだけでは事業は創れないと思い、マーケティング・リサーチ会社に転職。東南アジア各国で消費者リサーチ業務に従事する傍ら、ジャカルタで東南アジアを統括する業務拠点の構築に主要メンバーとして参画。