必見!MBAインタビューの現場で何が起きているのか?

アジアMBAのインタビューで何が起きたか、覚えている内に公開!

こんにちは、Nobuです。今日は知られざるMBAのインタビューの現場について一挙公開しちゃいます。

MBAのインタビューというと、TOEFLやGMATを含む書類審査を突破したアプリカントのみに許される狭き門。ここまでくれば、学校側もかなり興味を持ってくれているという意味なので、まずは自分に拍手!

そんで、MBAのインタビューって何が目的なん?という話ですが、テスト結果や書類では見えてこないアプリカントのコミュニケーション能力とパーソナリティーを把握することです。

MBAは一応ビジネスリーダーを養成する学校なので、リーダーとして周りを巻き込んでいく力があるか、リーダーに足る人格的魅力があるか、を入学審査官は見ようとしている訳です。だから個人として能力はすごいんだけども、人を率いる力がないとかコミュニケーション苦手ってのはMBAでは間違いなく不利に働きます。

私のインタビュー対策はこれだ

ステップ①:基本の型を固める

まずはどの学校でも聞かれる基本の質問に対して答えられるようになります。

・Why MBA? Why now? Why 志望校?
・Short-term Goal / Long-term Goal
・Accomplishment(Team Leader / Team Member)
・Leadership experience
・Strength and Weakness

こんなところでしょうか?これだけでもかなり難しいんですけど、早い目に内容を固めておけばかなり楽になります。

ステップ②:想定問答集を作る

次に想定問答集の作成です。インタビュー対策の本を読みながら志望校で聞かれそうなことをピックアップ。そんで、それに対する答えをトリガーワード(その単語を見たらストーリーが全て思い出せる言葉)ベースで記入します。

ここで注意したいのが、質問によって答えの濃度を変えること。Why MBA?とかWhy 志望校?はほぼ聞かれるので、スラスラと言えるように回答を全文記載。それ以外の質問については、トリガーワードに留めておきましょう。全文暗記すると応用に弱くなりますし、なにより入学審査官にバレます。

ステップ③:外国人の友人とひたすら練習

想定問答集を作ったらあとはひたすらアウトプットの練習です。実際に練習すると、言いたいことが言い切れずに悔しい思いをすること多々ですが、まだ本番ではないので全く問題ありません。数をこなして自分が売り込みたい実績やストーリーを身に染み込ませましょう。

僕は幸いにも外国人率70%のシェアハウスに住んでいたので、ほぼ毎日マレーシア人の友人に試験官になってもらい、あらゆる角度から質問を投げかけてもらいそのフィードバックをもらっていました。大体1-2ヶ月くらい継続してやると、自信をもって自分が語れるようになりましたね。

実際のインタビューはこうだった

お待たせしました!ということで、僕が体験した現地インタビューを会話形式で公開(一部抜粋)。

教授
(最初に世話話が続く)
では、お前について教えてケロ。
Nobu
はい、私はNobuです。大学では経済学を学んで会計士試験受かって監査法人で監査やってたんですけど、、、(一通りの職歴を述べる)
教授
実は、俺の奥さんは日本人なんだ。日本のことなら色々と知ってるぜ!
Nobu
親日キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
入学審査官
なんでうちのMBAなのかしら?
Nobu
はい、その理由は3つありまして、、、(考えぬいた理由をシャープに述べる)
教授
うちのスクールはな、~な強みがあってな。君にとても合ってると思うよ。
Nobu
Why 志望校がササッタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
入学審査官
(レジュメに目をやり)あなたの経歴は、、、(経歴について深掘りをされる)。実績として書いてあるものに現地スタッフを率いたというものがあるわよね、、、(チームリーダーとして苦難をどう乗り越えてきたかを深掘りされる)
Nobu
はい、現地スタッフとリレーションを築くために、よく屋台で一緒にメシを食いながらお互いの理解を深めたり、、、(現地スタッフとのリレーションの築き方について時間を割いて回答する)

(日本のことを深く切り込まれる)

教授
日本の政治についてどう思う?
Nobu
低投票率が問題だと思います。若者が投票に行かないことで政府がシルバー世代偏重な政策を取り、これからの将来を担う若者への投資が十分にされていない状況です。

(ひょんなところから少子化の話題になる)

教授
日本は少子高齢化で悩まされているみたいだな。頑張って子供沢山産めよな。
Nobu
(面接でこんなこと言うのか!?)…っはい!頑張りますっ(*´∀`*)
教授
目標は5人だぞ!
Nobu
…Yes!! professor.

(最後の質問タイムで)

Nobu
(すでに合格+奨学金のオファーをもらっている学校を引き合いに出しながら)僕は他校から奨学金付きのオファーをもらっているが、どうしても貴校に行きたい。No.1 Preferenceだ。
教授
うちに来たとしても奨学金出ないが、、それでも来るか?
Nobu
(0.03秒のスピードで)絶対に行きます!それに私のスキルは必ず貴校のクラスで貢献できる自信が、、、(最後に自分を売り込む)

 

(2日後)

Nobu
奨学金付きでオファーもらえたやないかー!

まとめ

インタビュー対策においては基本的な型を徹底的に固めることに注力しましょう。まずはこれが必須です。

あとは練習あるのみです。あらゆる角度からの質問を想定して、自分なりの考えを日頃から作っておくことが大切です。そうすれば、突拍子のない質問がきても難なく対応できます。

インタビューの質問集が網羅されている書籍はコチラ↓

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Asia de MBA編集長。シンガポール国立大学MBA intake2016 公認会計士。大学卒業後、監査法人に入所。会計監査・コンサルティング業務に従事するも、会計スキルだけでは事業は創れないと思い、マーケティング・リサーチ会社に転職。東南アジア各国で消費者リサーチ業務に従事する傍ら、ジャカルタで東南アジアを統括する業務拠点の構築に主要メンバーとして参画。