受験で大事な80対20の法則

受験にはパレートの法則が効く

80対20、別名パレートの法則と呼ばれているこの法則、受験では最重要な考え方と言っても過言ではない。

Pareto
20%の超重要な論点にフォーカスすれば、80%を抑えることができる

受験のみならず仕事や人生において重要なこの考え方、大学時代から僕は常に大事にしてきました。では、20%って何でしょう?

受験において20%とは基礎問題だと思う

全く目新しさがないこの発言(笑)ですが、本当の意味でわかっている人はそこまで多くないように思います。会計士試験の時に恩師から言われた言葉「基礎問題を何度も繰り返して、反射神経でアウトプットできるまでやるんだ」ということが本質を突いています。

知らないこと→→→知っていること→→→→→→使えること

こんな感じで、”知っていること”と”使えること”には相当な隔たりがあると思います。それで、点数が取れる人は間違いなく”使える人”。試験時間は限られているし、確実に点を取るためには正確なアウトプットが必要だからです。僕は、ウル覚えになった知識で何度も点数を逃してきました。その時、試験的にはただ知っていることは0点となる可能性が高く、その努力は無駄になるわけです。

80%をもたらす20%を探せ!

もうひとつ、試験には時間制限があります。時間対得点で最高のパフォーマンスを出すには、取れる問題を死ぬ気で取りに行き、難しい問題は後回しにすることです。実際、僕が会計士試験に合格したときは、基本的な問題を全身全霊で取り、難しい問題はほぼ捨てました。

100%取れないと合格出来ない試験はありません。せいぜいマックスでも80%程度でしょう(免許のテストは90%だけどあれは簡単すぎるから除外)。裏を返せば20%は間違ってもいい、否、もっと言えば解かなくても良い。極論を言えば、時間が限られているんだったら解いて間違えるよりも解かないで間違える方が時間無駄にしないで済みますよね(実際は全部の答えを埋めたほうがいい)。

Nobu
要するに試験とは”ウォーリーを探せ”ですな
Pareto
分かりずれーよ!
GMATには使えないテクニックだった
GMATの場合は自分のレベルに応じて一問一問解いていく必要があるので、このテクは適用しにくいです。ただ、人によっては難しい問題捨てても高得点が出たって人もいるし本当によく分からんこの試験。

じゃあどうすりゃええの?

0.2秒で答えが出てくるまで繰り返すことです。具体的には、自分がこれと思うテキストを愚直に繰り返すこと。MBA受験だったら、予備校や市販のテキストを繰り返して自分の染みこませる、テキストがボロボロになるまでやる。まぁ僕の場合はテキストが雨に濡れまくってボロボロになっただけですけど。

僕は英語ができる自信があったけど、いざやってみるとあまりに点が取れなさすぎて、寝こみました。そこで、高校の英文法Forestを引っ張り出してきて、わからない所から繰り返し勉強し直したら、徐々に英文が読めるようになってきたんですよね。これが中途半端に知っているレベルだと実践で使い物になりません。銃の撃ち方が分からないで戦場に行くようなものです。

これから試験に向かう全ての人へ

基本的なことが口をついて出てくるか確認しましょう。
難しい問題に固執せず、簡単な問題を取りに行きましょう。

これを徹底してやるだけで、試験の結果は見違えるほど良くなるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でNobuをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Asia de MBA編集長。シンガポール国立大学MBA intake2016 公認会計士。大学卒業後、監査法人に入所。会計監査・コンサルティング業務に従事するも、会計スキルだけでは事業は創れないと思い、マーケティング・リサーチ会社に転職。東南アジア各国で消費者リサーチ業務に従事する傍ら、ジャカルタで東南アジアを統括する業務拠点の構築に主要メンバーとして参画。